検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「重大な結果、痛惜の念」=相談への対応強化-警視庁(時事通信)

2010.02.27
 捜査怠慢を認定した東京高裁判決を受け、警視庁の桜沢健一警務部参事官は24日、「被害者の死亡という重大な結果となり、痛惜の念を感じる。ご冥福をお祈りするとともに、ご遺族に心からお悔やみ申し上げる」とのコメントを発表した。今後の対応については「判決文を精査し、最終的な方針を決めたい」とした。
 同庁によると、事件後、相談を受けたり、家出人捜索願を受理したりした際の対応を強化。各警察署への巡回指導や実務講習を通じて事件性の有無を判断するための能力の向上を図っている。 

普天間県内移設反対で意見書=沖縄県議会24日可決へ(時事通信)
小沢氏、平成19年分の政治資金虚偽記載でも不起訴処分に 東京地検(産経新聞)
政治とカネ集中は残念=党首討論での本格論戦に決意-鳩山首相(時事通信)
時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定-法制審(時事通信)
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

<八ッ場ダム>自民、民主側に4925万円 受注業者が献金(毎日新聞)

2010.02.26
 八ッ場(やんば)ダム関連工事を受注した業者が群馬県内の自民、民主両党の政党支部などに、06~08年の3年間で計4925万円を献金していたことが24日の衆院国土交通委員会で明らかになった。民主党の中島正純氏が国交省、群馬県の資料と県に提出された政治資金収支報告書をもとに分析した資料を示し、前原誠司国交相に調査を要求。前原氏は「できる限り調査したい」と答弁した。

 中島氏によると、01~08年度に国や群馬県が発注した同ダム関連工事(100万円以上)のうち、264件を受注した業者が自民と民主の同県内の選挙区支部や職域別支部など計22政治団体に献金していた。内訳は自民党が19、民主党が3。献金額は代表者が国会議員(元職を含む)の団体は自民が7団体で1370万~60万円、民主が1団体で24万円。県議や首長(同)では自民が12団体で765万~13万円、民主が2団体で32万円と30万円。最多は自民の上野公成元参院議員の1370万円だった。

 中島氏の追及に対して、前原氏は「調べていないので談合があったかは分からないが、客観的に見れば談合が行われていたのではないかという状況だ」と述べた。【石原聖】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:国交相、初の住民と意見交換
社説:鳩山政権への手紙 前原誠司様 直球勝負に期待
湯かけ祭り:八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉
クローズアップ2010:八ッ場攻防、予算でも 計211億円計上、建設迫る6都県
群馬・八ッ場ダム建設:初の意見交換会 国交相と地元、平行線

<しのぶ会>山口彊さん=3月13日、長崎原爆資料館(毎日新聞)
<AED>328件のトラブル確認 01年以降 消防庁発表(毎日新聞)
首相「税金払ってなかったことも知らなかった」(読売新聞)
五輪複合 3選手育てたスポーツ少年団長…秋田から応援(毎日新聞)
<山崎宇宙飛行士>搭乗のシャトル打ち上げ延期 4月5日に(毎日新聞)

ノエビア前副社長を再逮捕へ=元交際相手にもストーカー容疑-兵庫県警(時事通信)

2010.02.24
 以前交際していた女性の夫に嫌がらせメールを繰り返し送り付けたとして、大手化粧品メーカー「ノエビア」(東京)前副社長大倉尚容疑者(43)がストーカー規制法違反容疑などで逮捕された事件で、女性本人にも嫌がらせメールを送っていた疑いが強まったとして、兵庫県警が23日にも同容疑者を再逮捕する方針を固めたことが同日、捜査関係者への取材で分かった。
 県警によると、大倉容疑者は2009年10月から11月ごろまで、元交際相手の20代女性の携帯電話やパソコンに約100件のメールを送り、「会いたい」「返事くれ」などと返信を要求した疑いが持たれている。
 また、交際していた時の2人の写真も添付し、「ばらまく」などと脅した疑いも持たれている。
 大倉容疑者は女性が交際を断って結婚した後に女性と夫に嫌がらせメールを送り始めたという。女性が今年1月、県警に告訴していた。 

【関連ニュース】
「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも
逮捕のノエビア副社長が辞任
ノエビア子会社常盤薬品工業とは「別会社」=常盤薬品
ノエビア副社長を逮捕=女性の夫に嫌がらせメール
住宅など13棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も

社会保障と税の共通番号、既存番号と併存へ(読売新聞)
日本郵便の宅配事業見直し認可へ=総務省(時事通信)
普天間移設、首相「連立維持する形の結論出す」(読売新聞)
富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
産経新聞iPhone版をヱビスビールが“ジャック”(産経新聞)

「出る台」教え特別背任容疑…パチスロ店元幹部(読売新聞)

2010.02.23
 パチンコ店でメダルが最も多く出る設定のパチスロ台を知人の客に教え、店舗を運営する会社に損害を与えたとして、兵庫県警姫路署などは16日、元パチンコ店幹部矢ヶ部法弘容疑者(32)(福岡県久留米市)と知人の男性客3人を会社法の特別背任の疑いで逮捕した。

 不正に取得されたメダル総額は約1500万円に上るという。県警によると、パチンコ店員を同容疑で逮捕するのは全国で2件目。

 捜査関係者によると、矢ヶ部容疑者ら4人は共謀。2006年12月12日、矢ヶ部容疑者はパチスロ部門責任者をしていた同県姫路市飾磨区のパチンコ店で、当たりの確率が高く設定された台の機種名と番号を携帯メールで3人に教え、メダル約1万枚(20万円相当)を不正に取得させ、運営会社に損害を与えた疑い。

 他の客から「特定の客ばかりメダルを出している」との苦情を受けた店長が矢ヶ部容疑者に事情を聞き、情報を漏らしたことを認めたため、昨年6月に姫路署に告訴していた。県警は、矢ヶ部容疑者が知人客から情報の見返りに金を受け取っていたとしている。

 県警は、矢ヶ部容疑者がパチスロ台の情報を知り得る責任ある立場だったとして、同容疑を適用した。

警視総監が信金視察=振り込め詐欺対策-東京・巣鴨(時事通信)
<iTunesストア>消費者庁が質問状 不審請求問題で(毎日新聞)
雑記帳 盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
温室ガス衛星のデータ提供へ=宇宙機構と国立環境研(時事通信)
「ブラッドパッチ」の保険適用を要望―脳脊髄液減少症研究会(医療介護CBニュース)

消費税4年間は上げず=鳩山首相(時事通信)

2010.02.22
 鳩山由紀夫首相は15日夕、菅直人副総理兼財務相が消費税引き上げの議論を3月から始める考えを示したことについて「4年間は上げないとの思いを守ることは、菅財務相にも理解してもらっている」と述べた。一方で「議論をスタートするのは結構だ」とも語った。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

公務員法改正案 閣議決定 人件費、定数削減先送り(産経新聞)
一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害-警察庁(時事通信)
<詩音被告>ケタミン使用有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
<土曜授業>「賛成」9割 ネット調査(毎日新聞)
小学館社長かたりモデル志望の女性騙す 「誕生日プレゼントを…」と現金詐取 逮捕 (産経新聞)

予算委員長解任決議案提出へ=自民(時事通信)

2010.02.21
 自民党は17日、鹿野道彦衆院予算委員長が職権で24日の中央公聴会開催を決めたことは「横暴だ」として、同委員長の解任決議案を提出する方針を決めた。 

JR宇都宮線で運転見合わせ、千人が車内に(読売新聞)
<公用車談合>北海道開発局の当時の幹部ら4人処分 国交省(毎日新聞)
調査捕鯨は合法的活動=豪首相と協議へ-岡田外相(時事通信)
食パンに針混入=67歳女を逮捕-三重県警(時事通信)
ブラジル人「以前から盗み」…名古屋ひき逃げ(読売新聞)

奈良・中宮寺跡 塔の心柱建てたやぐらの柱穴が出土(産経新聞)

2010.02.20
 聖徳太子が建立したとされる奈良県斑鳩町の中宮寺跡(国史跡)で、創建当初(7世紀前半)にあった塔の心柱を建てるために組んだやぐらとみられる柱穴2基が見つかり、斑鳩町教委が18日、発表した。心柱用のやぐら跡としては初めての確認例で、古代に高い塔を建立した作業工程を解明するうえで貴重な成果となりそうだ。

 史跡整備に伴い塔基壇と周辺を調査。基壇中央の地中に置かれた心礎(東西約1・75メートル、南北約1・35メートル、花崗(かこう)岩製)西側の断面で、柱穴2基を確認した。それぞれ心礎から南北に5メートルずつ離れていた。基壇築成の整地中に掘った後に、柱を抜き取っている状況から、町教委は心柱を建てる際のやぐらの柱穴と判断した。

 町教委などは、やぐらは4本柱で組まれ、頂部に滑車のようなものを設置し、西側から綱を引いて心柱を建てたと推測。塔は三重で、心柱とやぐらの高さは約20メートルと考えられるという。

 中宮寺は聖徳太子が母、穴穂部間人(はしひと)皇后の宮を寺院にしたと伝わり、「太子建立七カ寺」の一つ。室町時代に約500メートル西にある現在の中宮寺に移ったとされる。

 整備検討委員長の大脇潔・近畿大教授(考古学)は「塔の心柱の建て方が具体的に解明できた。他の塔跡にもあるはずで、今後はこうした柱穴を意識し調査してほしい」と話している。

 現地説明会は住民向けは20日午後1時、一般向けは21日午前10時から。

【関連記事】
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像
聖徳太子の弟の墓? 塚穴古墳に人工築山、風水意識か
仏像さっぱり 法隆寺お身ぬぐい
鮮やか銀象眼大刀柄頭 大阪のシシヨツカ古墳で発掘
聖徳太子が建立した中宮寺

<五輪フィギュア>小塚選手にエール…元五輪代表の父(毎日新聞)
<総務省>年金業務監視委を設置…機構の業務チェック(毎日新聞)
<設標船ほくと>最後のブイ交換作業を終える 引退へ(毎日新聞)
「勇気ある行動」男性に感謝状=線路転落の女性救助-東京消防庁(時事通信)
老人施設火災 理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)

公立高入試用の調査書、中3全員分なくなる(読売新聞)

2010.02.19
 香川県高松市教委は15日、市立山田中学校(同市川島東町)で、公立高校の一般入試用に使う3年生全223人の成績などを記した調査書と、志願者氏名など願書の情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。

 願書受け付けは16日に始まるが、入試への影響はないといい、データの流出も確認されていないという。学校は15日夜、保護者に経緯を説明した。16日には生徒に謝罪する。

 発表によると、記録されているデータは、各生徒の願書と調査書に記述される個人情報。USBメモリーはパスワードで保護されておらず、パソコンに接続すれば、データを見ることができる状態という。

 調査書には、生徒、保護者の氏名、住所、生年月日▽1年生からの9教科の5段階評定▽出欠記録▽行動記録▽所見――などが記述。願書には、生徒や保護者の氏名や住所などが書かれているという。志望先の高校名は未記入だったという。

 学校や市教委によると、USBメモリーは、進路指導の資料作成を担当する40歳代の男性教諭の私物。

 同校では、調査書の記入作業は職員室で行うよう決めているが、教諭は10日午前、職員室から持ち出し、特別教室の机の引き出しに保管し施錠。同日昼に鍵がなくなっていることに気づき、12日に業者を呼び解錠したところ、なくなっていたという。

 この日、高松市役所で記者会見した黒川康嘉教育長は「インターネットに流出すれば、生徒の将来に影響する可能性もある。心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 同中学校は15日夜、保護者に経緯を説明したが、生徒や保護者らからは不安の声が相次いだ。次男が3年生の会社員女性(34)は「受験が迫り、不安だ。なぜ紛失したのかきちんと説明してほしい。子どもの受験に影響がなければいいが」と話していた。

 市教委は17日、臨時の園長・校長研修会を開き、個人情報の管理の徹底を指導する。

警視総監が信金視察=振り込め詐欺対策-東京・巣鴨(時事通信)
<傷害>長女に暴行、死亡…容疑の母を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
大麻所持容疑で高3男子を逮捕 京都府警(産経新聞)
<スキー事故>客同士が衝突 1人死亡、1人重傷 北海道(毎日新聞)
マータイさん 原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も(毎日新聞)

普天間問題再び迷走 国民新党と社民党が対立(J-CASTニュース)

2010.02.18
 沖縄の米軍普天間基地の移設先をめぐって、連立与党の一角を占める国民新党がキャンプシュワブ「陸上案」という新たなプランを明らかにして波紋を広げている。県外移設を強く主張してきた社民党はすぐに反対表明。与党内の足並みの乱れが露わになり、普天間問題は再び混迷の様相を呈している。

■「沖縄の基地負担の劇的な削減を実現できる案」

 国民新党の新プランは、名護市辺野古のキャンプシュワブに海兵隊の部隊を移し、ヘリコプターが使用可能な滑走路を新たに建設するというもの。同党の下地幹郎政調会長は、嘉手納基地への統合案と合わせた2案を提案したいとしている。下地氏はツイッター(Twitter)で

  「沖縄県民からは多くのお叱りを受けることになるかもしれないが、沖縄の基地負担の劇的な削減を実現できる案」

と説明。記者団に対しても

  「普天間の危険の除去を早急にやらなければいけないというのがある。沖縄のきれいな海を壊さないで、新たな民有地も使わない、公有水面も使わないでやるということが一つの基準にもなっている」

とキャンプシュワブ陸上案の理由を強調した。しかし国民新党案に、社民党の福島瑞穂党首は強く反発。

  「新たに陸上部につくることを沖縄のみなさんは負担軽減とは思わないのではないか。だからこそ名護市長、名護市民、沖縄県民のみなさんが反対と言っているわけで、そのことはしっかり受け止めるべきだ」

と述べ、あくまでも県外移設を主張していくことを表明した。

■地元の名護市長も「そんなことは許されない」

 基地受け入れ反対を掲げて2010年1月に当選した稲嶺進・名護市長も

  「海にかぎらず陸上もだめだと市民に約束してきた。そんなことは許されないと思う。名護市の民意をしっかり受け止めてほしい」

と国民新党を批判した。このような社民党や地元からの反発について、国民新党の亀井静香代表は2月16日の記者会見で、

  「我々も県外が一番いいと思って探しているが、県外でないとすれば、現在あるキャンプ地内にやるという話。県外ではないが、それに準ずるというか…。騒音と安全の問題を解決するということで、有力な一つの選択肢ではないかといま検討している」

と発言。社民党の姿勢に一定の理解を見せつつも、キャンプシュワブ陸上案が移設先の有力候補であるという見解を示した。2009年12月に普天間問題の先送りが決まったときには、年内決着に難色を示す社民党を国民新党が側面支援したが、今回は両党の溝が鮮明になった。

 政府は2月17日に、普天間問題について与党3党が議論する「沖縄基地問題検討委員会」を開催する。ここでは各党の移設案を提案されることになっていたが、前日の16日になって急遽、プランの提示が見送られることになった。足並みの乱れが露呈するのを恐れたようだが、すでに迷走ぶりは露わになっているともいえる。

 同日の記者会見で、岡田克也外相はコメントを求められたが、

  「それぞれの党内の調整もあると思う。多少ずれ込むことに対して、特にコメントすることはありません」

とそっけなかった。


■関連記事
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否 : 2010/01/28
「閣内不一致」に「首脳会談断念」 「迷走普天間」はもう理解不能だ : 2009/12/11
舛添氏と4月に旗揚げ? 鳩山弟の新党構想 : 2010/02/15
「農業」数日でやめた元派遣 甘くない現実と甘い発想 : 2009/04/08
西友、980円のカジュアルシューズ  : 2010/02/16

ポニョ舞台・鞆の浦、車混雑の解消実験(読売新聞)
仏壇のカネ狙い、空き巣50件か 窃盗未遂容疑で64歳男逮捕(産経新聞)
<談合反対>岐阜の会社「県に役立てて」と落札の差額返還へ(毎日新聞)
モテモテひこにゃん、「サンマ」チョコも(読売新聞)
<東京7歳児虐待>静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ(毎日新聞)

<労働保険審査会>マツダ元派遣男性の失業手当延長を裁決(毎日新聞)

2010.02.17
 マツダ(広島県府中町)の元派遣労働者の男性が「派遣と期間工との間で雇用形態が違法に切り替えられたせいで、失業手当の受給期間が短くなった」と訴えていた雇用保険の再審査請求で、労働保険審査会が男性の受給期間を90日から180日に延長する裁決をしていたことが15日、分かった。裁決は2月10日付。同審査会は、雇用保険の給付処分などに関する行政不服審査を行う国の機関。同様に受給期間延長を求めている労働者も多く、影響が広がりそうだ。

 広島市中区の本澤正さん(43)が昨年8月、再審査請求していた。本澤さんは04年12月に派遣会社に雇用され、マツダ本社工場に勤務。雇用形態が4年の間に4回、派遣とマツダが直接雇用する期間工に切り替えられた末、08年12月に雇い止めとなった。失業手当は90日分支給された。

 しかし、雇用保険には同一雇用主の下で3年以上働いたとの条件を満たせば「特定受給資格者」として失業手当の受給期間が延長されるルールがあり、本澤さんは該当すると主張。180日に延長することを求めて広島労働局に審査請求した。【樋口岳大】

【関連ニュース】
失業:パート狙い撃ち1月56.4% 非正規の解雇で突出
外国人労働者:09年15.7%増、最多は中国25万人
労働者派遣法:労組や弁護士が抜本改正求める
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設
派遣法改正:通訳など専門26業務も 首相

宇都宮線が全線運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
<性同一性障害>小2の秋から「女の子」…性切り替え容認(毎日新聞)
<プリウス・リコール>トヨタ系販社、休日返上で顧客対応(毎日新聞)
<番号制度>導入に向け閣僚会合 5月までに複数案(毎日新聞)
<化学物質過敏症>後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で(毎日新聞)

石川知裕議員 近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)

2010.02.16
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で起訴された同党の石川知裕衆院議員は9日夜、党幹部に電話し、離党する意向を伝えた。近く小沢氏と会い、最終判断するとみられる。

 石川議員は9日、地元の北海道帯広市で記者会見し、その時点での離党や議員辞職を否定し、今後の対応は「自分自身で判断したい」と含みを残していた。事件の影響で内閣支持率は低落傾向にあり、党内では離党を求める声が強まっている。別の党幹部は「本人が離党の意思を伝えれば、小沢氏は止めないだろう」と語った。

【関連ニュース】
鳩山首相:「党の判断ある」石川議員進退で
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える
陸山会事件:石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」
社民党:石川議員起訴で「辞職に値」

「小沢氏はシロではない」=谷垣氏(時事通信)
北方領土解決に岡田外相が意欲(産経新聞)
【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)
制服エンブレム偽造容疑、警察グッズマニアら逮捕(読売新聞)
<五輪モーグル>上村の出身地で「アイ、アイ」コール(毎日新聞)

「頑張って」と言ってない=首相、小沢氏との会談で(時事通信)

2010.02.14
 鳩山由紀夫首相は9日午前、小沢一郎民主党幹事長との8日の会談について「頑張ってください、という言葉は使っていない。このまま続けていいかと言われたので、はいと言った」と語った。小沢氏は同日夕の記者会見で、幹事長続投を打診した際、首相から「ぜひ一生懸命頑張ってほしい」と言われたと紹介したが、首相はこれを否定した。
 さらに首相は、小沢氏との会談で、夏の参院選に向けた候補者擁立状況について意見交換したことを紹介した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

同じ女子大生に連続わいせつ=会社員、容疑で逮捕-神奈川県警(時事通信)
<将棋>王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)
「局長級も降格」規定へ…国家公務員法改正案 (読売新聞)
クレーン車が路線バスに追突 7人軽傷 東京・足立の環状七号線(産経新聞)
<小沢氏資産>不透明さ浮き彫り 陸山会から再取得(毎日新聞)

野党揺さぶり、国会証言要求や予算審議に言及(読売新聞)

2010.02.13
 野党各党は11日、民主党の小沢幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件で起訴された石川知裕衆院議員が民主党を離党しても「小沢、石川両氏が説明責任を果たすべきことは変わらない」として参考人や証人として国会で証言するよう求めた。

 2010年度予算案の審議にも影響する可能性をちらつかせつつ、石川被告の議員辞職勧告決議案の採決を迫るなど、政府・与党を引き続き追い込む構えだ。

 自民党の大島幹事長は11日、栃木県小山市の会合で、「(石川被告の)議員辞職勧告決議案(の採決)や参考人招致を要求している。結論が出なければ、簡単に予算の採決に臨むわけにはいかない」と述べた。辞職勧告決議案の採決などが、衆院での10年度予算案採決の前提となるとの考えを示したものだ。

 大島氏は会合後、記者団に「鳩山首相、小沢氏の責任論がかぶってくる、と恐れているのではないか。離党したからと言ってすべて終わったわけではない」とけん制した。

 共産党の小池晃政策委員長も11日、「本来、議員辞職が当然で、離党でお茶を濁すなど言語道断だ。石川議員は秘書時代の虚偽記載を罪に問われており、小沢氏の政治的道義的責任は重大。証人喚問に応じるよう求める」とコメントした。

 野党は、石川被告が議員辞職を否定したことも、「居座れば居座った分だけ、国民の関心が集まり、民主党は苦しくなる」(自民党幹部)と見ており、衆院予算委員会で、首相らの考えをただす方針だ。

 政治とカネを巡る民主党の対応にも野党の矛先が向けられた。

 公明党の山口代表は、「民主党が公認したのだから、国民に政治家として品質保証した責任を問われている。しかし、何の説明責任も果たさず、自浄能力を発揮する過程も示さず、『トカゲのしっぽ切り』では政権政党として資格が疑われる」と批判した。

 ただ、真相解明が進まなければ審議拒否も辞さない構えの自民党に対し、公明党や共産党は否定的だ。今後、国会戦術を巡って、野党間の足並みが乱れる可能性もある。

囲碁 小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)
【くらしナビ】ワコール「スポーツブラ」好調 特許でバストの揺れ軽減(産経新聞)
毎日新聞世論調査 小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69%(毎日新聞)
<トヨタ>新型プリウス19万台リコール…午後に届け出へ(毎日新聞)
衆院選違憲判決で住民側が上告=広島(時事通信)

<1歳女児虐待死>母親らを傷害致死罪で起訴(毎日新聞)

2010.02.10
 1歳の女児を虐待死させたとして、東京地検は3日、東京都葛飾区の無職、大久保誠(34)と妻で女児の母、恵実(22)両容疑者を傷害致死罪で起訴した。起訴状によると、両被告は共謀して09年7月22~23日、誠被告の自宅で、恵実被告の長女、下田渚ちゃんの頭を浴槽に打ちつけたり体を強く揺さぶるなどの暴行を加えて死なせたとされる。

 誠被告は11月27日に逮捕され、地検は約1カ月半、鑑定留置して精神鑑定した結果、責任能力に問題はないと判断して起訴した。同16日に渚ちゃんへの傷害容疑で逮捕された恵実被告については、いったん処分保留で釈放していたが、誠被告との共謀が認められるとして同時に傷害致死罪で起訴し、拘置した。両被告は渚ちゃんの死後に結婚した。【安高晋】

「1Q84」第3弾、4月16日発売(読売新聞)
前原氏「自浄能力必要」=千葉氏「刑事責任なら重い」-小沢氏進退(時事通信)
「帰化で対応を」=外国人参政権付与に反対-亀井担当相(時事通信)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
<雪あかりの路>小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)

「サンラ・ワールド」を捜索へ=50億円集金か、無登録営業容疑-警視庁(時事通信)

2010.02.09
 「時事評論家」の増田俊男氏らが経営する会社が無登録で、カナダのIT企業の未公開株購入などの投資を募ったとして、警視庁は3日、金融商品取引法違反容疑で、投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)など数カ所を同日にも、家宅捜索する方針を固めた。
 増田氏らはサンラ社を経営し、会員制投資クラブを主宰。パラオの銀行預金やハワイのコーヒー園への投資話なども持ち掛けたが、償還期限後も大半が返済されないといい、集めた資金は約50億円に上るとみられる。 

【関連ニュース】
相場操縦で課徴金勧告=地域紙元社員に25万円
国内商品投信、来月初上場=金・白金の先物に連動
無登録で未公開株販売=不正1億7千万円か
投資会社を家宅捜索=全国で被害数億円か
初の国内商品先物投信で運用受託=金先物に直接投資

「隠れ天下り」監視へ新機関、人材センター廃止(読売新聞)
<諫早湾干拓事業>国、県に開門要請へ 反対派漁協方針転換(毎日新聞)
<大阪・橋下知事>府立高、撤退ルール検討 「私立と競争、選別強化」(毎日新聞)
運転のブラジル人を指名手配へ=危険運転致死容疑で逮捕状-名古屋ひき逃げ・県警(時事通信)
首相動静(2月4日)(時事通信)

首相、外国人参政権は「法案提出に向けて論点整理」 参院代表質問の答弁で(産経新聞)

2010.02.08
 【土地購入事件】

 事実関係はまだ明らかになっていない。検察捜査による解明も処分も定まらない段階なので捜査による事実の解明を待つことが肝要だ。(小沢一郎民主党幹事長について)ともに苦労を分かち合いながら政権交代を成し遂げた民主党の同志の『自分は潔白だ』という言葉をまず信じることは当然ではないか。

 【首相の偽装献金事件】

 資金管理団体の政治資金収支報告書の訂正については、(首相が実母から受けた資金を資金管理団体に)寄付をする意思はなく、貸し付けとして処理するのが適切だと判断している。(政治資金規正法の)量的制限は認識している。

 【政権運営】

 国民の政権交代にかけた大変大きな期待を考えたときに、身を粉にして国民の期待に応えることこそ使命だと決意している。私に国家運営を任せることが適切かどうかは、国民が判断することだ。

 【日米中関係】

 米国は日本と基本的な価値を共有する唯一の同盟国だ。日中関係はわが国にとっても大変重要な二国間関係のひとつだ。日米関係と日中関係のバランス論みたいな考え方をとるつもりはない。

 【憲法改正】

 一党一派や内閣が憲法改正を声高に叫んだり、手続きを強引に進めたりすると、かえって与野党間の党を超えた建設的な憲法論議の機運を萎縮(いしゅく)させてしまう。各党でしっかり議論し、その上で与党、しかるのちに与野党間でしっかり議論して決める問題だ。憲法審査会の始動の問題も同様だ。

 【可視化法案】

 法務省など関係省庁でその実現に向けて現在議論して検討を進めている。今後も幅広い観点から適切に議論して結論を出していかなければならない。

 【インド洋補給支援】

 自衛隊には心から敬意と感謝を申し上げたい。従って(海上自衛隊の帰国行事が行われる)2月6日だが、直接ねぎらいの言葉をかけさせていただきたい。

 【外国人地方参政権】

 法案提出に向けて現在、論点の整理を行っているところであり、適時、適切に関係各方面に意見を伺いながら進めていきたい。



 質問者は山口那津男(公明)、岡田直樹、松村祥史(以上、自民)、松岡徹、鈴木陽悦(以上、民主)、亀井郁夫(国民新)、市田忠義(共産)、山内徳信(社民)の各氏。

【関連記事】
「とんでもないことだ」外国人参政権反対集会
「保守の精神」が問われる自民党
外国人参政権反対決議 民団工作、一夜で否決 千葉・市川市議会
名護市長選対応が象徴、鳩山政権の危険性批判
外国人参政権 97%が「憲法違反」

航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)
自民比例に元ヘアヌード女優を公認…今夏参院選(スポーツ報知)
「自立への支援必要」=ハイチ救援NPO帰国-成田(時事通信)
【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(中)焦る男性、巧みに籠絡(産経新聞)
熟年離婚イヤ!…愛妻家増殖計画(読売新聞)

前副知事「わいろの認識ない」=福岡県町村会汚職で弁護人(時事通信)

2010.02.07
 福岡県町村会をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された前副知事中島孝之容疑者(67)の弁護人が4日、書面で「現金の趣旨はわいろではなく、少なくとも同容疑者にわいろとしての認識はない」などとするコメントを出した。
 県警によると、大筋で容疑を認めているとされる。これに対し、弁護人は「捜査官が考えたストーリーの調書に強引に署名させられた」としている。 

【関連ニュース】
前副知事、一任受け便宜か=高齢者医療運営の団体設立で
町村会側から持ち掛け=前副知事への100万円
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索
前福岡県副知事、収賄容疑で逮捕=町村会会長から百万円
前副知事を逮捕へ=町村会に便宜、収賄容疑

副知事室で現金手渡し=県庁など捜索-町村会汚職・福岡県警(時事通信)
小沢氏に「けじめ必要」=枝野氏、進退に言及(時事通信)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
さっぽろ雪まつりが開幕=市民が作ったマイケルさんも(時事通信)
<公選法違反>武山百合子元議員に有罪判決…さいたま地裁(毎日新聞)

【集う】第25回梓会出版文化賞(19日、東京都新宿区の日本出版クラブ会館)(産経新聞)

2010.02.06
 ■冷めそうもない中小出版社の情熱

 「今ほど社会を変えていくことを、求められている時期はない。知識や情報をまとめ、どういう立場で社会に訴えていくのか。出版が社会的な機能として注目を浴びる」。「第25回梓回出版文化賞」(社団法人出版梓会主催)の表彰式で、同賞を受賞した合同出版(東京都千代田区)の上野良治社長は、出版活動の役割や誇りについて思いを語った。

 同賞は、専門書を中心とした中小出版社でつくる出版社団体が、いわば“身内”の出版社を表彰する珍しい賞。年間5点以上の出版活動を10年以上続ける中小出版社に贈られる。

 合同出版は昭和30年に創設され、生命と環境の問題を中心に出版してきた。今回、「イラク米軍脱走兵真実の告発」「原爆詩集8月」などの戦争と平和に関する硬派な問題を、子供にも分かりやすい表現で鋭く追求したことが評価された。上野社長は「お袋が一番喜んでおり、親孝行ができた」とも述べ、受賞を素直に喜んでいた。

 特別賞には筑波書房と七つ森書館、第6回新聞社学芸文化賞にこぐま社が選ばれた。

 筑波書房の鶴見治彦社長は「食料や農業は人間が生きていく上で重要なものと考えながら出版している。(亡き)父に報告したい」、七つ森書館の中里英章社長は「スタッフ共々、長年の苦労が報われた。“平和で持続的な未来へ”を理念に出版活動を行ってきた。読者の方に支えられている」と話した。

 こぐま社の佐藤英和会長も「この賞をもらいたいと思っていました。すごくうれしいです。幼い子供が、もう1回もう1回と言うような本を出版したい」と出版活動への思いと喜びを伝えた。

 出版業界は本の売り上げが年々減少し、厳しい経営を強いられている。だが、中小出版社の経営者の情熱はまだまだ冷めそうもない。(山口知宏)

<読売文学賞>小説賞に高村薫さんの「太陽を曳く馬」(毎日新聞)
常盤薬品社長、ストーカー規制法違反容疑(読売新聞)
近づく“春” 熱海市でアタミザクラが見ごろ (産経新聞)
<首都圏連続不審死>木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
中国に「儲けの方程式」、出資話で2億集金か(読売新聞)

千葉のショッピングセンター駐車場で車ごと強盗(産経新聞)

2010.02.05
 3日午後2時10分ごろ、千葉市緑区あすみが丘のショッピングセンター駐車場で、男が乗用車内にいた女性(51)に刃物をちらつかせ、「車から降りろ」などと脅迫。女性を車から降ろし、現金7万円が入ったバッグを奪うと、女性の車を運転して逃走した。女性にけがはなかった。

 県警千葉南署は強盗事件として逃げた男の行方を追っている。同署によると、約1時間半後、女性の車はショッピングセンターから5キロほどはなれた空き地で発見された。

 同署の調べでは、男は40~50代とみられ、身長約160センチ、ひさし付きの帽子と、カーキ色の服を着ていた。

【関連記事】
大阪・箕面のスーパーで女性刺される、男は逃走
勤務中にコンビニ物色 強盗容疑で横浜のタクシー運転手逮捕 
「帰ってください」背中押し コンビニ店長、刃物男追い返す 茨城・土浦
拳銃使用の強盗容疑で会社員の男2人を逮捕
消費者金融発砲事件 強殺未遂容疑で2人逮捕

船田前議員、新潮社を提訴=不倫疑惑報道は名誉棄損-宇都宮地裁(時事通信)
わいせつDVD店に部屋転貸=不動産仲介会社を初摘発-販売ほう助容疑などで警視庁(時事通信)
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
オリックス・小瀬選手 宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
<名古屋地裁>裁判員が守秘義務違反 会見で評議内容明かす(毎日新聞)

押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死-東京地裁(時事通信)

2010.02.04
 一緒にいた女性に救命措置をせず、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優押尾学被告(31)について、東京地裁(山口裕之裁判長)は29日、第1回公判前整理手続き期日を3月5日に指定した。裁判員裁判で審理される。
 起訴状によると、押尾被告は昨年8月2日、東京・六本木のマンションで、一緒に合成麻薬MDMAを飲んだ飲食店従業員の田中香織さん=当時(30)=が錯乱状態となったのに放置し、急性MDMA中毒で死亡させたなどとされる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害

「着うた」新規参入妨害認定=大手4社審決取り消し請求棄却-東京高裁(時事通信)
インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)
女を殺人容疑で再逮捕 連続不審死で埼玉県警 (産経新聞)
確定拠出年金、加入上限65歳に拡大へ(読売新聞)
裁判員に被告の「温かい」家族写真、結果実刑(読売新聞)

俳優の夏夕介さん死去(時事通信)

2010.02.02
 夏 夕介さん(なつ・ゆうすけ、本名田浦久幸=たうら・ひさゆき=俳優)27日午前6時51分、胃がんのため東京都の病院で死去、59歳。熊本県出身。葬儀は31日午前11時から東京都国分寺市並木町2の33の13の鳳林院で。喪主は妻田浦めぐみさん。
 グループサウンズ「オックス」でデビュー。俳優に転身後は「純愛山河 愛と誠」、「特捜最前線」の刑事役などで人気を集め、数多くのテレビドラマや映画、舞台に出演した。 

【関連ニュース】
霧状整髪剤でシェア争い=ウーノにギャツビーが対抗
赤坂容疑者、また覚せい剤=使用の疑い
ドラマ「IRIS」効果で人気沸騰=韓国客続々、ロケ地活況
大翔くん、陽菜ちゃんが1位=今年生まれた赤ちゃん
鳩山首相、松井選手ら登場=今年の「変わり羽子板」

「女子高生を妊娠させた」ニセ60代弟が80代兄だます(産経新聞)
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋(時事通信)
燃料電池の研究拠点視察=鳩山首相(時事通信)
「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)
沖縄に広大な土地購入 小沢幹事長の目的は謎(J-CASTニュース)

朝青龍 聴取へ 傷害容疑で立件判断 警視庁(毎日新聞)

2010.02.01
 大相撲の横綱・朝青龍関(29)が初場所中の1月16日未明、東京都港区西麻布の路上で知人男性(38)を殴り重傷を負わせたとされる問題で、警視庁麻布署は、暴行の経緯などを確認するため近く朝青龍関と被害者の知人男性の双方から任意で事情聴取する方針を固めた。麻布署は事情聴取を踏まえ、朝青龍関を傷害容疑で立件するか検討するとみられる。

【写真で見る】入門、結婚、昇進、そして・・・横綱朝青龍 激浪の土俵

 捜査関係者によると、朝青龍関は16日午前4時ごろ、港区西麻布の路上で酒に酔い、飲食店で働く知人男性の顔を殴ったという。男性は鼻の骨を折る1カ月の重傷を負った。

 男性は当初、「謝ってくれれば問題にするつもりはない」と麻布署に話していたという。しかし、朝青龍関から謝罪がなかったため、弁護士と相談のうえで25日に診断書のコピーを持参して麻布署に被害相談に訪れた。被害届については「もう少し考えたい」と提出しなかったという。

 朝青龍関側は、突き飛ばした相手を個人マネジャー(31)と説明していたが、その後、飲食店で働く知人男性だったことが判明した。【古関俊樹、神澤龍二、山本太一】

【関連ニュース】
【写真で見る】横綱朝青龍が帰国、謝罪の記者会見(07年11月)
【写真で見る】朝青龍:175日ぶりに本場所の土俵に復帰、白星発進(08年1月)
<ところが>朝青龍関:暴行は別人?飲食店の知人男性が警察に被害相談
<当初は>日本相撲協会:朝青龍を厳重注意 知人突き飛ばしで

3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト(医療介護CBニュース)
「着うた」新規参入妨害 レコード会社の訴え退ける(産経新聞)
<地震>宮崎、鹿児島で震度4=午後4時15分ごろ(毎日新聞)
【アニマル写真館】アムールトラ 天王寺動物園(産経新聞)
家族の大切さ感じて=劇「めぐみへの誓い」上演-東京(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。